美味しさの秘密




寿司の華まぐろへのこだわりは、全てのネタへ共通する菱膳の想いです。築地から仕入れる鮪は、天然めばちまぐろ、本まぐろ、インドまぐろから厳選し、旬の味わいをお届けしてます。 常にプロの職人の目がネタの鮮度を確認しているからこそ、自信をもってお客さまへお届けできる味なのです。








旨い寿司のシャリは口の中へ入れた時に、ほどけるようにパッと広がります。菱膳では、秋田のブランド米めんこいなを採用。 冷めた時にも固くなりにくく、他の品種と比べて粘りが少ないのでシャリ切りが良いので酢が均一に混じりやすいのが特長です。 菱膳では毎日お店で炊き上げ、酢合わせをしてお届けしてます。







宅配寿司では、作ってからお客さまの口
に入るまで、どうしてもお時間が経ってしまいます。 そこで菱膳では、お客様が食する迄のお時間を20分と考え、食べる時に丁度良いにぎり具合になる様に、ふわっと軟らかめに握ります。 お口に届く瞬間が一番美味しい具合になる様に、ここにもこだわりの寿司づくりがあるのです。








菱膳のスタッフは、米の炊き方から、さかなの仕込み方、すしの握りまでを科学的根拠に沿って指導を受けます。 "塩で揉んで酢で絞める" "扇に握る" "1人前は1分" "巻物は三手" "えびはひとふかし" "穴子はふたふかし"と、きっちり科学的根拠から職人の技術を学び、教育されたスタッフが握るのです。